月別アーカイブ: 2016年 11月

手足先、口先の皮膚病

マルチーズのぷうちゃんは8歳。手先足先、そして口まわりの皮膚病でなんども動物病院で治療してきましたが、ステロイドや抗生剤をやめると再発するくりかえしでした。当院で漢方治療して、2ヶ月でずいぶんきれいになりました。精神的に要因も治療していきますので、これで完治というわけではないのですが、ステロイドなんか使わないでもコントロールできるようになります。

rimg0561

 

カテゴリー: 漢方薬, 皮膚病の治療 | コメントする

痒みや震えの漢方薬治療

ミニピンのルナちゃんは、3歳。1年前から身体の痒みや震えをステロイドでしか他院にて治療できなかったですが、やはりまだ若いのにこれらずっとステロイドを飲ませるのが不安になり、来院されました。漢方薬で治療して、1月もしたら、震えや痒みそして、フケや乾燥もおさまり、毛の艶もよくなりました。

はじめ痒みや痛みのためにステロイドで逃げていると、そのうちだんだんと毛艶が悪くなります。これは免疫力がだんだんとおちてくるからです。まだ内蔵に悪影響がでる前のサインですから、注意してください。

dscf4559

カテゴリー: 漢方薬, 皮膚病の治療 | コメントする