月別アーカイブ: 2015年 1月

トイプードルのアトピー皮膚病

トイプードルのハナちゃんは2歳半で、アトピー性皮膚炎で、お悩みでした。ステロイドを飲まないと、またかゆみが再発するので、このままステロイドを飲み続けるのが副作用で身体弱るのが怖くて、来院されました。この年齢なら、漢方薬飲めばまずステロイドをやめることができます。ステロイドは麻薬のような依存性があるので、あまり長く飲み続けると、もう身体がリバウンドをおこして、やめれなくなってしまいますが、ハナちゃんは、すぐやめることができ、きれいな皮膚にになりました。

この子は、若い時に、ワクチンでアナフラキシーショックになったり、アカラスになった経験があったと聞きました。これは本来もっている免疫力が弱いからなる症状、病気なので、ステロイドのように免疫力をおとす薬を多用したら、よけい身体が弱くなり、もっと重篤な状態になるところでした。一方、漢方薬は免疫力をあげて治療するので、これらの症状や病気にならない身体に体質改善できます。

カテゴリー: 漢方薬, 皮膚病の治療 | コメントする

2月からの休診日、診療時間の変更

2月より、水曜の午後の診察と、木曜日午前、午後が休診となります。

加えて、診療受付時間が、午前が9時30分から、午後12時まで

午後が、4時から午後6時30分まで、と変更となります。

ご不便おかけしますが、何卒ご理解くださいますよう、お願い申し上げます。

カテゴリー: 病院からのご連絡 | コメントする

老齢のラブラドールの腫瘍と皮膚病

あけましておめでとうございます。今年も、漢方内科治療で西洋医学で治らずに困っているワンちゃん猫ちゃんをたくさん治療していきたいと思います。何卒、よろしくお願いします。

足にできた腫瘍(悪性の癌と診断された)で、3つの病院の内科治療で治らず、困っていた15歳のラブラドールのたろうちゃん。3ヶ月の漢方治療で、腫瘍がずいぶん小さくなりました。同時に長年悩んでいた外耳炎や皮膚病も良くなってご機嫌です~(漢方薬で効く癌でしたので治りまいたが、治らない悪性癌ももちろんあります)

はじめの腫瘍

3ヵ月後(ほぼしぼみました)

カテゴリー: 漢方薬, 皮膚病の治療, 腫瘍の治療 | コメントする