月別アーカイブ: 2013年 1月

シェパードの悪性血管肉腫

シェパードのルーシェちゃんは、もうすぐこの3月で11歳になります。昨年の4月に、他院にて、脾臓を摘出して、悪性血管肉腫があることがわかりました。延命治療として抗癌剤をしても、平均6ヶ月の余命と判断されました。以前に皮膚病を、当病院で、漢方薬で治療した経験があったこともあり、抗癌剤ではなく、生活の質を維持をめざした、できるだけ副作用などで苦しむことのない、漢方薬での終末治療を選択されました。その後、9ヶ月たちましたが、一度も体調を落とすことなく、元気に過ごしています。なんとか11歳を元気に迎えることが、まず目標です。病気の前より体重が増えていますので、すこし減量しないといけませんね。引き続き、がんばりましょう!

カテゴリー: すい臓、肝臓、胆のう 疾患, 漢方薬, 腫瘍の治療 | コメントする

フレンチブルの精神的な皮膚病

フレンチブルのななちゃんは、4歳になりました。1歳の時から精神的な皮膚病で通院されています。漢方薬で皮膚と精神もコントロールして、きれいな皮膚を維持しています。

カテゴリー: 漢方薬, 皮膚病の治療 | コメントする

ジャックラッセルテリア犬の精神的な皮膚病

ジャックラッセルテリア犬のフィリップくんは4歳。1年以上前から皮膚病でこまってましたが、なかなか西洋治療で治らないので、来院されました。この子は漢方治療の後、精神的な面の治療のための入院治療を行った後、劇的によくなりました。半年たった今はきれいな身体です。

カテゴリー: 漢方薬, 皮膚病の治療 | コメントする

精神的な皮膚病のフレンチブル

ここのところ毎年、精神的な皮膚病の治療をかねて、入院して、一緒にお正月をすごすフレンチブルのクララちゃん。真っ赤だった皮膚も、すっかりきれいになって、昨日、退院しました。でも一週間も一緒にいると、情が移ってしまいます。だって身もだえして喜ぶのですから。

カテゴリー: 漢方薬, 皮膚病の治療 | コメントする

2013年 明けましておめでとうございます

2013年、あけましておめでとうございます。

フレンチブルのジュレちゃんは、2歳。精神的な要因からくるアトピー性皮膚炎も漢方治療ですっかりコントロールできるようになりました。

今年もよろしくお願いします!

カテゴリー: 漢方薬, 皮膚病の治療 | コメントする