月別アーカイブ: 2012年 12月

トイプードルの慢性下痢

トイプードルのミツバちゃんは、1歳と半年です。1歳くらいから軟便や下痢することが多くなり、はじめは西洋医学で治療していましても、なかなか慢性化してしまうため、漢方薬で治療して、今は快調です!

カテゴリー: 消化器疾患の治療, 漢方薬 | コメントする

お正月の診療予定

12月30日(日)から1月4日(金)までの6日間は、

午後1時から4時までの予約診療のみとなります。

診察ご希望の場合は、来られる前にお電話してください。

ご迷惑おかけしますが、よろしくお願いします。

1月5日(土)からは通常診療となります。

カテゴリー: 病院からのご連絡 | コメントする

フレンチブルの皮膚病

フレンチブルのブービーちゃんは、2歳。1歳くらいから背中や胸の湿疹でお困りでした。漢方薬服用を2ヶ月ほどで、すぐ治りました。ここで一度を治療をやめて、また一年後にすこし再発しましたので、また3週間ほど漢方治療してなおりました。長い期間、漢方を飲んで体質改善しなくても治療できるような軽症の子は、こんなふうに、症状がでたときだけ漢方を飲んでも、治ります。

満面の笑みのブービーちゃん

カテゴリー: 漢方薬, 皮膚病の治療 | コメントする

シェパードの皮膚病

シェパードのザフィーアちゃんは、まだ生後半年前ですが、お腹に湿疹がでてきてしまいました(膿皮症)。 西洋医学でも抗生剤と薬浴をして治すのですが、また再発してしまうことが多いので困ります。そこで、免疫力をあげながら体質改善をするのがよいと、漢方薬で治療しました。もちろん若いので、1ヶ月できれいに治りましたし、もう漢方をやめても、再発することはほとんどないと思います。シェパードはこの免疫力の弱い子が、皮膚病や下痢という形で、そのサインをだすことがありますので、ようく注意してください。もしそのサインに気づいたら、漢方薬での体質改善をおすすめします。

カテゴリー: 漢方薬, 皮膚病の治療 | コメントする