月別アーカイブ: 2012年 8月

フレンチブルのアトピー性皮膚炎

フレンチブルのウメちゃんは3歳。アトピー性皮膚炎でステロイドを飲むこともありましたが、漢方薬で根本治療をしに来院されました。一ヶ月半で、膿皮もほとんどなくなり、だいぶ痒みもおちました。元気一杯ですので、今は熱中症に注意です。

カテゴリー: 漢方薬, 皮膚病の治療 | コメントする

ダックスの肝機能障害

ダックスのハルちゃんは10歳。避妊手術をしようと思い、血液検査しました。すると、GOTが250にあがっていて、肝臓の障害(炎症)のため手術は中止して、漢方治療をすることにしました。一月たって、GOT20にまでさがっていたので、もう大丈夫です!やはり全身麻酔の前には血液検査をして確認したほうがよいですね。元気そうに見えても、問題が潜んでいることがありますから。

カテゴリー: すい臓、肝臓、胆のう 疾患, 漢方薬 | コメントする

シェパードの脂肪織炎

シェパードのぴのちゃんは、9歳。3年前に脂肪織炎を漢方薬で治療しました。その後、皮膚の疾患も漢方治療して、今は、皮膚の具合は総じて調子がよいです。あとは、これから老化や腫瘍などを漢方薬でどう予防していくかですね。

カテゴリー: 免疫性、ホルモン性疾患の治療, 漢方薬, 皮膚病の治療 | コメントする

シュナウザーの皮膚病ー脱ステロイド

Mシュナウザーのラプちゃんは、もうじき11歳。皮膚病でステロイドを飲んできたのですが、漢方での治療をしに来院されました。順調に3週間でステロイドもぬけそうで、あとはリバウンドがないか慎重に経過をみているところです。もちろんかゆみも減っていますよ。

カテゴリー: 漢方薬, 皮膚病の治療 | コメントする