月別アーカイブ: 2011年 8月

耳がえらいことになってました

イタリアングレイハウンドのここあちゃんは、他院で、皮膚病のステロイド治療中に、耳の皮膚病がひどくなって、今度は耳の皮膚の腫瘍の疑いで、全身麻酔で病理検査のための手術をする予定でした。でも全身麻酔をする前に、他の治療法があるのではと考え、来院されました。ようくみると、皮膚病がこじれている可能性が高かったので、皮膚病の漢方薬治療を、ステロイドを減らすと同時に、スタートしました。すると耳のカサブタがとれだし、一ヶ月後には、きれいになりました。ただステロイド治療も長かったようですし、まだ体質改善は終わっていないなので、2ヶ月たった今ももう一ヶ月の漢方治療を継続しています。

来院時のここあちゃん。

漢方薬治療1ヶ月後のここあちゃん

そしてご機嫌なここあちゃん

カテゴリー: 漢方薬, 皮膚病の治療 | コメントする

皮膚のアレルギーといわれたチワワちゃん

ロングコートチワワのチャラちゃんは、昨年の夏に皮膚のかゆみでも通院していました。そこではアレルギーといわれていました。いったん治って、今年になって前よりもひどく再発しました。そこで、治療法を変えようと思い、来院されました。漢方薬治療をして、一月で、身体の皮膚病ほぼ完治しまた。ただ、手足をなめるくせは、まだ止まりませんので、ここを治療していくことになります。

カテゴリー: 漢方薬, 皮膚病の治療 | コメントする

猫の好酸球性肉芽腫

猫のキキちゃんはまだ2歳になる手前です。顔をかくので動物病院で注射をうってもらったりしても治らないので、ずっとカラーをしていました。猫のアトピー性皮膚炎といわれる、好酸球性肉芽腫という症状でしたので、漢方薬で治療しました。2週間でかゆみもとれ、1月で、カラーなしでも、病変やフケはなくなり、2ヶ月でほとんど完治しました。精神要因がある可能性があるので、まだ注意してみていますが、一安心です。
来た時のキキちゃん

カテゴリー: 漢方薬, 皮膚病の治療 | コメントする

毎日毎日のステロイドはいやだな

パピヨンのカレンちゃんは10歳。
昔からのアトピー性皮膚炎で、毎日毎日ステロイドを飲んでいました。
さすがに肝臓が悪くなって、もうステロイドをやめたいとおもって、
ハルペッツクリニックにこられました。
漢方薬をのんで、3週間でステロイドをやめてもリバンドなく、良い感じで1月がすぎました。

はじめに来た時のお腹

漢方治療1週間後のお腹

カテゴリー: 漢方薬, 皮膚病の治療 | コメントする