悪性リンパ腫のチワワ

チワワのミルクちゃんは9歳。1年前に下顎(顎の下)リンパや脇の下のリンパ節の腫れから、悪性リンパ腫と診断され、その状態の悪さから、抗ガン剤治療しても3ヶ月の余命と宣告されてしまいました。抗ガン剤を選択せず、当院で漢方治療をはじめて一年以上たちます。今年も元気に桜をみることができました。

抗ガン剤での治療で寛解しても、やはり再発する確立はたかく、しかも再発した場合は、身体が弱っている分、確実に癌が悪化しているので、もうそれ以上の治療はできず、多臓器不全で亡くなることが多いです。ただ、漢方薬で治療した場合は、一年も元気で生きている子は、再発の確立はかなり低く、身体の免疫力をあげている分、老化対策にもなるのが利点です。(癌が漢方薬で抑えられないくらい悪性度がたかければ、一年以上はなかなか生きられないです。ただし、たとえ亡くなっても癌による多臓器不全で苦しむ子はまずいません)

カテゴリー: 漢方薬, 腫瘍の治療 | コメントする

難治性の目の角膜炎で手術をする前に!

フレンチブルのプリンちゃん8歳。目の角膜炎をくりかえし、免疫抑制剤の目薬や、目の手術をしないと治らないといわれ、手術したくないので、来院されました。目の炎症も皮膚の炎症も原因は同じで、その原因を漢方薬で治療し、目も皮膚も半年かかって、良くなりました。

角膜炎を繰り返す、角膜潰瘍で、目の手術をしなくても、漢方薬で治療できます。目の手術をしても、その本当の原因は治療しないので、おそらくまた繰り返すことになるでしょうし、ずっと免疫抑制剤の目薬をさし、いつまでも目の検査をすることになるでしょう。そうならないよう、漢方薬で完治をめざして治療してみましょう。

治療前

RIMG0470  DSCF4382

治療後

RIMG0855 RIMG0860 DSCF4385

カテゴリー: 漢方薬, 皮膚病の治療 | コメントする

キャバリアの脂肪織炎と心臓 

キャバリアのみかんちゃんは7歳。避妊手術の後、縫合糸からアレルギー反応で(脂肪織炎)お腹の皮膚の炎症をくりかえし、ステロイドでないと再発を防げませんでした。漢方治療して3ヶ月以上、ステロイドはいらない状態になりました。脂肪織炎は漢方薬治療はとても有効ですからこのままステロイドはなくせると思います。さらにキャバリアによくある心臓疾患も患っているので、冬になると歩けなくなることが多かったのですが、漢方薬で血のめぐりがよくなり、元気に歩くようになりました。

DSCF4516

 

カテゴリー: その他の治療, 免疫性、ホルモン性疾患の治療, 皮膚病の治療 | コメントする

猫の慢性腎不全の漢方薬治療

高齢の猫ちゃんは、腎臓が弱ってくることが多いです。そういう時に、西洋医学では点滴か炭をのませて、腎臓にたまる毒を外に出すしか方法がないですが、漢方薬では腎機能をよくしてあげることができます。

スコテッシュホールドのマオちゃんは、7歳で、腎結石から腎臓をいため、腎機能の極度の低下(CRE10)と腎性貧血(Hct20)で、命を危うくしました。漢方薬と皮下点滴で、なんとか透析寸前の腎臓を治療しました。腎臓が機能をかなりやめてしまったので、今もそのケアを続けています。

もう2年半たち10歳になりますが、免疫力を上げて治療してますので、毛並みもすごい良く、他の病気になることなく、元気に毎日暮らしています。

ちょっとご機嫌ななめなマオちゃん(お正月の点滴後)

img_2325

 

カテゴリー: 漢方薬, 腎臓、泌尿器の治療 | コメントする

お正月の営業時間について

お正月の営業は、予約診療のみとなります。

1/1、2日は休診

12/30,31, 1/3,4は午後1時から4時までの予約診療となります。

1/5は木曜日休診

1/6金曜より通常診療となります。

ハルペッツクリニック

カテゴリー: 病院からのご連絡 | コメントする

猫の悪性乳癌の再発

猫のこももちゃんは、12歳。乳腺がんの2回の摘出手術をへて、脈管侵襲という転移の兆候がみられたため、抗ガン剤とまよいながらも、漢方薬治療を1年前からはじめました。一年元気ですごし、大学病院の精密検査でも転移の兆候なしと、うれしい報告がありました。

dscf3630

ちょっと怒ってますけど。

カテゴリー: 漢方薬, 腫瘍の治療 | コメントする

アトピー性皮膚炎の漢方薬治療

アトピー性皮膚炎悩む子たちは多いのですが、山口県からいらしたポッキーちゃん(6歳)ほど全国の病院をまわられた方はあまりいないと思います。

1年前の夏にいらしたときは、出版物をだしているような東京や大阪の病院にいかれ、そこの漢方薬治療だけでなく、食事療法、サプリメント、すべてやって、でも全然治らないので、どうしてもステロイド治療になってしまう、それが困って来院されました。

漢方薬で体質改善と同時に、精神的な治療を行い、今は、ステロイドなしでも、すっかり安心して見てられる状態に治りました。

ステロイドをつかえば、どんな皮膚病も見た目はよくなります。ただ内臓には負担はかかり依存症になってやめられなくなってしまい、ひいては寿命が短くなってしまいます。ですから、もう依存症になっているなら難しいけれども、できれば、ステロイドに頼ることなく、病気を根本から治していきたいですね。

dscf2893

2015/ 8/ 9 8:19

2015/ 8/ 9 8:19

カテゴリー: 漢方薬, 皮膚病の治療 | コメントする

手足先、口先の皮膚病

マルチーズのぷうちゃんは8歳。手先足先、そして口まわりの皮膚病でなんども動物病院で治療してきましたが、ステロイドや抗生剤をやめると再発するくりかえしでした。当院で漢方治療して、2ヶ月でずいぶんきれいになりました。精神的に要因も治療していきますので、これで完治というわけではないのですが、ステロイドなんか使わないでもコントロールできるようになります。

rimg0561

 

カテゴリー: 漢方薬, 皮膚病の治療 | コメントする

痒みや震えの漢方薬治療

ミニピンのルナちゃんは、3歳。1年前から身体の痒みや震えをステロイドでしか他院にて治療できなかったですが、やはりまだ若いのにこれらずっとステロイドを飲ませるのが不安になり、来院されました。漢方薬で治療して、1月もしたら、震えや痒みそして、フケや乾燥もおさまり、毛の艶もよくなりました。

はじめ痒みや痛みのためにステロイドで逃げていると、そのうちだんだんと毛艶が悪くなります。これは免疫力がだんだんとおちてくるからです。まだ内蔵に悪影響がでる前のサインですから、注意してください。

dscf4559

カテゴリー: 漢方薬, 皮膚病の治療 | コメントする

IBD(慢性下痢), 膵炎、皮膚病、の漢方薬治療

フレンチブルのララちゃんは、11歳。生まれたときから、お腹が弱く、きれいな便をみたことなかったそうです。ひどい時は、ステロイドでずっと治療してきて、肝臓の数値もあがり、毛もぬけてきて、心配になったので、来院されました。初診時は、膵炎で嘔吐もひどく、ALB(アルブミン)も1.5と、IBDでもひどい状態でした。2ヶ月たって、嘔吐も下痢もとまり、今までにみたことない便がでるようになりました。皮膚も毛がはえてきましたよ。ぎりぎりクッシングになる寸前だったようですが、漢方治療がまにあって、よかったです。

rimg0375

横腹の毛もはえてきました。

rimg0370

はじめの横腹の脱毛と湿疹

rimg0246

カテゴリー: すい臓、肝臓、胆のう 疾患, 免疫性、ホルモン性疾患の治療, 消化器疾患の治療, 漢方薬, 皮膚病の治療 | コメントする